<< マリアの物語 その42 新世界より | main | マリアの物語 その44 悲しみの春 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.07.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    マリアの物語 その43 アベノミクス

    0
      突然ですが……本日は3月10日ということで……

      誕生日おめでとうヨハネス!!!!

      いくつになったの?
      22歳だよ!! 子供に戻りたい!!

      はい、1年間元気に頑張ります。はい。

      さて、ククリア王国は165年を迎えました。

      ゴンサロが帰ってこなかったので迎えにいったらこんなとこで年があけました。
      ゴンサロに新年のあいさつをしましょう。

      「新年おめでとう。何してるの?」
      「ああ……ちょっとな」
      なんかゴンサロ強くなってませんか? 魔導師だった祖父を持っているので、素質はあると思うのですが……。

      新年早々朝帰りを悪いと思ったのか、デートに誘ってきました。

      「明日、暇か?」
      「そうね、特に予定はないわ。」
      「じゃあ出かけないか? 年の瀬を一緒に過ごせなかったぶん、のんびりしよう」
      「いいわ。じゃあ、明日ハールの庭園で。」

      新年の儀。

      リオも女王として立派にあいさつできました。

      さて、今年の天使像は……

      うーん……
      もう少し頑張りましょう。
      ダレル「おれはまだ本気出してないだけ」

      さて、1日といえば成人の儀と入学式がありますね。
      今年の新成人は

      えーーーーーーーーと。(中の人が記憶喪失)
      エミリーさんは、親衛隊候補選抜戦でマリアと争ったジョーハンナさんの娘。
      アベラルドさんは、ロイ様の妹で闘士だったイズミの息子です。
      アラルコス……アラルコス誰だ!?パーソンってことは魔導師エリーさんと血がつながっているはずですが……(記憶喪失)

      今年の新入生です。
      こっちのほうが難易度高かったよgkbr

      パティちゃんは、姉リオの娘で王太女です。
      エーリアルちゃんは、ほどほどジェルマンの孫。
      ジェイラス君は、ほどほどジェルマンのところの末っ子(たぶん)
      ナンちゃんは、闘士で勇者だったローラさんの孫?(ウッチャンはいない)
      ジョーディ君は、会長君ことドナート・ルーシュさんと、図書委員長君ことドゥーガル・ヒロタさんの弟です。保健委員長君と呼びましょう。
      エヴラール君は、親衛隊長(名前が出てこない)とアイネズさんの弟イノセンシオさんの息子です。

      こりゃあえらいこっちゃ。忘れすぎだ。ほんとうにごめんなさい。
      ほら、中途半端にサブ国だのプルトだのに手を出すからこうなるんだ。この記事終わったら本国進めよう。

      2日。
      去年に引き続き、まだまだ危篤のお知らせが続きます。

      昨年導かれた勇者ローラさんの夫、ジェフさんです。
      穏やかに、安らかに、ローラさんのもとへと旅立っていきました。

      これでアイネズさんの同級生は全員導かれてしまうことになります。一番長生きで21歳。……ククリア人儚いです……

      昼からはゴンサロと新年デート。
      二人とも今年は農場員ではないので、仕事始めのことは気にせずゆっくりできますね。


      夕方からはジェフさんの葬儀に参列します。

      喪主は長女ティビーさん。今年入学したナンちゃんの母親です。

      あれ? ほどほどジェルマン闘士になったっけ???(記憶喪失)

      アスター神官が変わっていました。

      「アベラルド? なにやってんの?」
      「何って、家に帰ってるの」
      「アスター神官……できるの?」
      「大丈夫オレ最強だから」
      「そうなの……?」
      「オレは! アスター神官として神をも味方につけ! アベラルド旋風を巻き起こす! 名づけて「アベノミクス」っていうやつだッ!」
      「……(どうやらなにかをこじらせているようね)」

      ワイルド神官の誕生である。
      ククリアいちのメシマズ超ワイルドなのですが、ちゃんと料理大会で判定できるんでしょうかwwww

      アベラルドにアスターを投げたイケメンがこちら

      「アスター神官になればカミサマが味方になるって言ったらなってくれたんです。チョロかったですよ。」
      「そう……(あの子バカなんじゃないかしら)」

      3日。
      危篤のお知らせがまだ続きます……

      先日導かれたローラさんの兄、アンドレアスさん。
      アンセルム、イサールさんと相次いで導かれたことにより魔導師長に就任してから、まだ1年経っていません。本当に戦士の入れ替わりが激しいです……。

      アンドレアスさんの息子は、工芸家ダレルさん。

      工芸家として立派に働く姿を見て、安心していると思いますよ。今年はふがいなかったですが。
      ってなんでそんなに金ないの?
      工芸家も熟練までいけばそれなりに給料いいんじゃないのけ?

      夕方からは葬儀。

      喪主は長男サントスさん。マリアの同級生ディエゴさんの父です。サントスさんは才能がなかったので、工芸家は継がなかったんですよね。

      26歳、とっても長生きでした。お疲れ様でした。

      さて……

      アンセルムの代わりに魔導師に就任したロサさんが、就任1年もせずに魔導師長になるというスピード出世を果たしました。

      新しい魔導師が、おじであるアーロンさん。

      まーたこりゃバランスの悪い鍛え方だこと!!イサールさんもそうだったけど!!

      ここで我が国のジンクスを。
      「スマイサー家の者の配偶者は必ず戦士になる」
      スマイサー家と言えば、ロイ様の妻アイネズさん。ロイ様は親衛隊員でした。
      アイネズさんの父、ベランジェ・スマイサーさんの妻カルロッタさんは闘士で勇者。
      ベランジェさんの妹、アニー・スマイサー(旧姓)さんの夫アンセルムは魔導師長。
      アイネズさんの弟、イノセンシオ・スマイサーさんの妻は現役親衛隊長。
      そして今回、アイネズさんの妹アニエス・スマイサーさんの夫であるアーロンさんが新魔導師となりました。
      きっと初期魔導師長だったガウルテリオ・スマイサーさん(アイネズさんの祖父)はスマイサー家に婿入りしたんでしょうね。
      いまのところ漏れはありません。恐るべしスマイサー一族……。

      アーロンさんが闘技場に行ったので、練習試合が終わったらとっ捕まえてサンダーフレアでも仕込んでやろうかと思ってみていると。

      アントニンが飲みに誘ってきました。アーロンさんとっ捕まえるのは今度でもいいので、行きましょう。

      せっかくなのでおごってやりましょう。

      「いいんデスか!? ありがとう、さすがデスね、姐さん!」
      「ちょっと姐さんって誰に聞いたの」
      「いろんな人が言ってマス。嫌デスか?」
      「……別にいいけど」

      なんかろくなものが並んでいない今日の酒場。ハールとか、ウィンターミールとか。
      「あ、あの薄いパンが食べたいデス!」
      「ハールでいいの?」
      アントニンのリクエスト、ハールをぱさぱさします。

      「この国のごはんはおいしいデス」
      「気に入ったならよかったわ。ククリアになじめないみたいだから、心配してたの。」
      「少しずつ、慣れてきたデス」
      「そう。よかったわ。」

      アントニンの日記
      165年3日 はれ
      この国に来た時からお世話になっている、こわいおねいさんとごはんを食べにいきました。
      こわいおねいさんは、姐さんと呼ばれているようなので呼んでみたら、呼んでもいいといいました。
      こわいおねいさんはこわいけど優しいです。頼りになります。ちょっとだけおうちにかえりたいのも落ち着いてきました。
      この国もいいかもしれません。

      4日。料理大会の日です。

      酒場にろくなメシがないのなら、マリアがやるっきゃないじゃないですか!!

      同じくエントリーしにきたエミリーさんにごあいさつ。

      あれえ? イケメンの元アスターマリユスさん、エミリーさんに手を出したんですか!?
      マリユスさんの恋人フランさんはカルナの乙女。還俗待てないで……なんてことにならなければいいのですが。

      夕方、料理大会。アスター神官アベラルド、初めての仕事です。アベノミクス(?)は成功するでしょうか。
      「おまえらーーーーーー!! 酒場店主になりたいかーーーーーー!」
      「……」「……」「……」
      「あ、あれ……? まあいいか……」

      「今日はおまえらに! うまい料理をつくってもらうッ!! ルールは簡単、オレがうまいと思ったやつが勝ちだッ!!」
      「いいからはやくしろー(野次)」
      「お、おぅ……そんじゃ、はじめェェェェェッ!!」

      ・・・

      「そこまでッ! 今から食う! 覚悟しておくがいいッ!」
      マリアの料理を勢いよくほおばるアベラルド。

      「ウンまああぁぁぁい!! こいつはお袋の味ってやつだッ!!」

      高評価ですね!
      ジョリーンさんに「これはウマい」、エミリーさんに「まずまず」の判定を出したアベラルド。
      デューイさんの「ラゴルステーキ」をほおばると……

      「これはオレの好物! しかもこいつはうめぇぇぇぇ!! 素晴らしいッ!! 優勝!!」
      「ちょっと待って!! あたしのまだ食べてないじゃない!!」
      そりゃあ、同じもの作ったんだし、大会なんですから、ちゃんと判定しないとベアトリスさんも激おこぷんぷん丸ですよ。
      「んあ? わりい。もぐもぐ……これもうめえけど……デューイさんの優勝だッ!!」

      「ええ!? あ、はい、やったー。」
      「デューイ!! おぬしには! 一年間、酒場店主として働く権利を授けようッ!! 心して受け取るがよい!」
      「あ、はい、がんばります……?(^^;」

      なんか空回りしてましたが……www
      なかなか個性的なんじゃないですか、「アベノミクス」。しっかし、正義と公平の神(だっけ)アスターに仕えるアスター神官がこれでいいのか? まあいいか。

      こちらが優勝したデューイさん。アンセルムの息子です。

      「なんかよくわかんないけど……なったからにはがんばるよ。」
       

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.07.17 Sunday
        • -
        • 00:03
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PR
        ワーネバやらねば!
        当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/
        マスタング一族の物語 INDEX
        初代ジャクリーヌ&2代目ロイ
        3代目マリア
        パスワード
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM