<< マリアの物語 その49 神の赦し | main | マリアの物語 その51 酔っ払い観察記 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.07.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    マリアの物語 その50 新年、幸せの味

    0
      にいはお!!
      さて、本日4月12日、当ブログは開設1周年を迎えました!! ぱちぱちぱちー!!
      これもすべて読んでくださっている皆様のおかげであります! ありがとうございます!!
      これからもよろしくお願いいたします。

      さて、ククリア王国は166年を迎えました。

      ゴンサロは今年も農場員なのですね!
      新年しょっぱなからカピトリーナさんとデート。

      「ねえマリアさん聞いてよ、この間旦那(フランシス)がプレゼントくれたんだけど、ひっどいの!! 何くれたと思う!?」
      「何かしら……?」
      「ハキ草(変な臭いの草?)! しかもおまえに似合うとか言って! どういうことよそれ!」
      「まあ、悪気はないんじゃないかしら……?」
      「そこなのよねえ、だからたち悪いの! ハキ草が似合うだなんて、失礼しちゃう!」
      (だからやめとけって言ったのに……)

      カピトリーナさん、大きく息を吸って。

      「ばかやろおおおおお!!!」

      \ばかっていう方がばかやろー/

      「え、今の何!?」
      「やまびこ……?」

      (わが本国での「変な臭いの草?」はクサ草ではなくハキ草であったことをここにおわび申し上げます。クサ草は……サブ国だった……)

      さて、新年の儀が見られなかったので、今年の天使像を見に行きましょう。

      おお! すばらしい!!
      ダレルさん、がんばりましたね!

      さて、1日といえば成人式と入学式ですね。
      今年の新成人はこちら。

      マジョレーヌさんは、魔導師長ロサさんの娘でおばであるオリアーナさんの妹。
      マサイアスさんは、闘士カタリーナさんの息子でイケメンディエゴさんの弟です。
      フロランスさんは闘士ピラールさんとシステム移民だったセサルさんの娘。
      リオネルさんは、闘士である魔性のソフィアさんと生徒会長君ドナートさんの息子。
      ヘレンさんは、工芸家ダレルさんの第一子。彼女が工芸家を継ぐことになるでしょう。
      ルディさんは、アンセルムの長男デューイさんの子ですから、アンセルムの孫にあたります。

      彼らがどんな恋愛模様を描いていくのか、楽しみですね!!

      さて、今年の新入生です。

      シェリーちゃんは、親衛隊フレッドさんの娘。
      マティアスくんは、叔父ハヴィさんの息子。ハヴィさんそっくりです。
      ジャニスちゃんは、親衛隊フランクさんの娘。母ジョリーンさんはすでに導かれてしまいました。
      プジョールくんは、魔導師ブレソールさんと、手動移民ヴィオラさんの息子。

      さて……ここまで魔導師だの闘士だのの子を紹介してきましたが、正直誰だよって感じだと思います。
      中の人もそうですから。

      夕方から、ジェロニモと新年会。仕方ないのでおごってあげます。

      「サンキューだし! この借りは必ず返すし!!」
      「思ってもないこと言わないでくれる?」
      「なぜばれたし」
      「本当に思ってなかったの!?」


      「倍にして返しなさい」
      「嫌だし」
      「まったく、おごってもらって当然だと思ってるのかしら!」
      「そっちの方が10倍以上金持ってるし」
      「お金稼ぐ努力なさい!!」
      「嫌だし」

      2日。
      特にめぼしい出来事はありませんでした。
      うん、めんどくさいだけです。ジェロニモと飲みに行きましたが、絵面が同じなのでカットしましょう。

      3日。

      なんかゴンサロがお花を見てたそがれていました。

      今日はジェロニモとおでかけ。またジェロニモかよ。

      「あ、そういえば、明日あたり子供生まれるし」
      「本当!? おめでとう!」
      「なんか実感わかないし」
      「そうなの? 子供の顔見ればきっとわくわよ」
      「楽しみだし」

      4日。

      アーキンさん。ジェロニモのところですね!!

      朝食をとって、野暮用を済ませてから行くと、すでに生まれていました。
      実感がわかないと言っていたジェロニモも、子供の誕生に興奮気味でした。

      「マリアさんマリアさん!! やばいし!! 俺そっくりでかわいいし!! やばいし!! テラやばいし!!! この世のものとは思えないし!!」
      「わかった、落ち着いて、深呼吸」
      「すーはーすーはー」
      「とにかく、おめでとう。よかったわね、元気な子が生まれて」
      「ほんと! 嬉しいし!」

      奥さんのシェアーさんにも声をかけていきましょう。

      「出産おめでと」
      「ありがとう。あとさっきからジェロニモがうるさい」
      「セシリオ〜!! ……うおーやばいし!!!」
      「ね?」
      「まあ、興奮するのはわかるけどね」

      生まれたセシリオ君がこちら。

      ジェロニモそっくりの赤毛が素敵ですね!
      つり目夫婦なので、どちらに似てもイケメンになることでしょう。楽しみですね!

      さて、4日と言えば料理大会ですね!!
      今年もアベラルドが張り切っています!!

      「お前らァーーーー!! 今日は(主にオレが)待ちに待った料理大会だッ!! 覚悟はいいか!? オレはできてるッ!!」
      「イエーーーーイ!!」

      おやまあ! イマノルが出てるじゃあないですか!!
      ずっと神官で出られなかったから出たいんですね。どんな料理を作るんでしょう!

      料理が出そろうと、はじからアベラルドが食べていきます。

      「うおぉぉぉ!! やっぱりウメェーーーッ! マリアさんの料理最高だぜッ!!」
      「ありがと」

      お次はエムさん。

      「ラゴルパイはオレの好物だッ! 肉汁ジューシー! うンまいなぁ〜!!」
      「好物はリサーチ済み! やったわ!」

      昨年の新成人エミリーさん。

      「あー……まあまあってトコじゃねぇの? もっと修行してくるべし!」
      「えー……あんたに言われたくない。つきあってんだし、まけてよ」
      「そういうわけにはいかねえんだよ」
      「ほんっとあんたのそういうとこ嫌い♡」
      「まって♡」

      あらら……。かわいそうに……。
      お次はフィルさん。食べるのは上手ですが、作るのは……

      「やっぱラゴルはうめぇな! でもよ、ちょーっと味薄くね?」
      「年寄りにはこれくらいがいいんだ。素材の味を生かした料理がいい。」
      「素材の味を生かす、っていうより、ただ単に味付けサボったって感じだぜ?」
      「ぐ……若造に何がわかる!!」
      「ってアスター様が言ってましたぁ〜……あは、あは、あは……」

      とんだ災難続きですね。かわいそうにw
      最後はイマノルです!

      「うん、ウメェ! ちょっとばかしシンプルすぎるけどよ」
      「そうかい?」
      「うまいことクセが抑えられて、うまいぜ」
      「ありがとう」

      5人の審査が終わりました!!
      さて、結果は……

      「優勝は…………マリアさんだァーーーーーー!!! 栄光をたたえるッ!!」
      「あたし!?」

      「優勝できてうれしいです! 早速今日から酒場店主としておいしい料理をふるまいます!」
      やんやー!!
      おめでとう!!
      さっそくいきまーす!!

      「他のみんなは毎日マリアさんのメシ食えるんだな。いいなあー……」
      アベラルドが寂しそうにつぶやいた言葉は歓声にかき消されました。

      さて、さっそく商品を並べましょう!!
      最初のお客さんはユアンさんとホセさん。

      ベルカエールを持っていきました。


      酔っぱらってどっちかがこんなものを忘れていきましたwwww

      売れたところに商品を補充していると、ゴンサロがやってきました。

      「優勝おめでとう。これ……」
      「コサージュ?」
      「店主やるなら、いいアクセサリーつけてた方がいいだろう」
      「そうね」
      「動くな、つけてやる……うん、似合ってる」
      「ありがとう、嬉しい」

      (うわあああぁぁぁ!! ゴンサロが魅惑のコサージュをくださったぁぁぁぁ!! と毎度の通り狂喜乱舞する中の人。実は配偶者がなにかくれたのはゴンサロが初めて。)

      ちょっと外の空気を吸いに。するとそこにちょうどフランシスがやってきました。

      「姐さ〜ん、聞きましたよ〜! 優勝おめっす! メシ食わせてくださいよ〜!!」
      「さっそくたかりにきたわね……いいわ、おごる」
      「ゴチになりまーす!!」


      「へへへ〜ちょうど腹減って死にそうだったんすよ〜! 嫁に朝飯ハール1枚にされて!!」
      「あら」
      「ハキ草みたいなかっけー草が似合うって言っただけなのになんでそんなに怒るんすかね!?」
      「ハキ草は、ないと思うわ……。って言ったじゃない、遠慮すると思うって! 聞いてなかったの!?」
      「でもよお、やっぱりむしった草眺めてたら、ハキ草が一番かっけー草だと思ってよ……」
      「変な臭いするのよ?」
      「見た目的に強そうっていうか」
      「バカ!! 今度から贈り物はローラの花かララの花か店で売ってるものにしなさい!!」
      「えぇ〜……」

      フランシスがダッシュで帰ったあと、もうしばらく飲んでいたアーロンさんとリカルドさんがバタバタ転びながら帰っていきました。

      なぜかギートの束を落としていくリカルドさん。いつから持ってるの。

      夜3刻。客足も落ち着いてきたので忘れ物の大魚の丸焼きを胃に片づけます。

      マールが見たら喜んで食べたんだろうなあ、と思いつつ。

      ・・・・・・・・・・・・

      念願の酒場店主になりました!!
      料理大会では優しさと勤勉性が高く、積極性が低い性格が有利になるので、マリアの頑固一徹(−/++/−−)は優しさの面で非常に不利になります。ステータスが高ければ補えるといっても、思いやりがある(−/++/++)などには勝てないこともしばしば……。しかし今回は相手がよく、勝利を収めることができました。
      ちなみに「素材の味を生かすってより単に味付けサボったって感じ」ってのは、中の人が東京のちょっといいレストランに行った時思った感想なのです。そういうことって、あるよね?

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.07.17 Sunday
        • -
        • 20:43
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PR
        ワーネバやらねば!
        当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/
        マスタング一族の物語 INDEX
        初代ジャクリーヌ&2代目ロイ
        3代目マリア
        パスワード
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM