<< マリアの物語 その50 新年、幸せの味 | main | マリアの物語 その52 新世界野郎 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.07.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    マリアの物語 その51 酔っ払い観察記

    0
      はいこんにちは!! 中の人ももうすぐ仮免が取れそうです。

      ククリア王国は166年5日を迎えています。

      「今年は豊作になりそう?」
      「ああ! いい実がついている。」
      「おとうさんギートつくるの? すごーい!!」
      ゴンサロは一生懸命ギートを収穫しておりました。


      さて、今日は5日、ロイ様誕生日ということで、甘党だったロイ様にあやかってスイーツ居酒屋にしてみました!!
      さっそくドゥーガルさんとフランシスがベルカケーキを持っていきました。

      「「最初はグー! じゃんけんポン!!」」
      「よっしゃあ! ドゥーガルおごりな!!」
      「ああもう! 3連敗ですよう……」

      スイーツ居酒屋の噂を聞きつけてか、今日は女子会が二組。

      あまーいベルカタルトが人気でした。

      しばらくするとイマノルがやってきて何やらもぐもぐしだしたので


      おひとりさま用のスイーツも出してあげます。
      今日はロイ様誕生日だから特別ですよ!!

      微妙だったみたいですwww


      「どうしたのよ、微妙な顔して」
      「いや、ここにある赤いの食べてみたんだけど……ちょっと苦手、かな……」
      「赤ニゴは嫌い? ならそっちにフルーツボウルも作ったわ。」
      「いいのかい? じゃあごちそうになるよ」

      このあとうれしそうにフルーツボウルをもぐもぐしていました。

      7日。夫婦の朝食には昨日の残りのフルーツボウル。

      「ラダはくさいからやだなあ……」
      「しごとちょーになったら、ラダのお世話もするんだぞ」
      「じゃー鼻つまんでやるー」
      「片手じゃできないわよ」
      「えー」

      出かけようとすると、ゴンサロがちゅーしてくれました。

      「……甘いにおい」
      「昨日酒場でデザートたくさん作ったから、そのせいかしら」
      「そうだったのか」
      「あんたも酒場に来ればいいのに」
      「そうだな……酒よりもお前が欲しい」
      「何言ってんのよ、ばか……!」

      さて、今日も酒場は繁盛しています。

      本日も酔っ払いを量産しております!
      おや、イマノルまた来てるんですか?

      なんかかわいそうだったので酒を飲ませてやりました。

      「飲む?」
      「いいのかい? じゃあ、いただこうかな」
      「あ、あんた飲み慣れてないんだしあんまり無理しない方が……」
      「ぷはあ!!!」
      「一気に飲んじゃった……」

      すっかり出来上がってしまったイマノル。

      「うへへ……なんだか視界がぐるぐるするよ〜」
      「もう……ちゃんとおうち帰れる?」
      「たぶん〜」
      「ちゃんとおうち帰って寝るのよ?」
      「ぴゅい〜」

      親衛隊のみなさんもいろんなものを撒いていってくれました。売ってお小遣いの足しにしましょう。

      7日。ゴンサロのお誕生日です。


      今日はゴンサロにプレゼントがあるのです。

      「誕生日おめでとう」
      「魅惑のコサージュ……いいのか? ありがとう、嬉しいよ」
      「喜んでもらえてよかった」
      「これでおそろいだな」
      「そうね」

      (これ渡すときマジで緊張しましたwわりかし本気で悩みましたもんw)

      昼からジェロニモとおでかけ。

      「酒場、忙しそうじゃん?」
      「そうね、結構お客さん来る方だと思うわ」
      「へー」
      「あんたも来てもいいのよ?」
      「ほ、ほら、あれだし、忙しいのさらに忙しくしたら悪いし」
      「なにそれ」

      もしかして:友達いない

      さて、今日も張り切って酒場を切り盛りしましょうね!!
      親衛隊のリンさんとフランクさんがやってきました。

      「野郎にはおごらねぇ。それが俺の流儀だ。」
      「うん、わかってる、割り勘だね?」
      「おう」

      またイマノルが一人で来ているので、今日はベルカタルトをおごってやりましょう。

      「ベルカタルト食べる? この間の残りだけど。」
      「いいのかい?」
      「どうぞ」
      「……あのー、ごちそうになっておいて何なんですが、お酒の方は……?」
      「だめ。おうち帰れなくなるわよ!」
      「今度は大丈夫だって!」
      「昨日結局酒場で一夜を明かしたの知ってるんだからね!?」
      「チッ……なぜそれを……」

      闘士のソフィアさんが絡んできました。

      「おさけはぁ!! たのしくのむのがぁ!! 闘士のおきてなんれすよぉ!!」
      「そうね、いいことだと思うけど……ちゃんとおうち帰れる?」
      「闘士お、なめちゃあ、いけませんよぉ!!!」
      「そう、気を付けて帰るのよ」
      「ぴゅい〜であります!!」

      その数秒後、盛大にすっころぶソフィアさん。

      「ぶへぇぇ!!」
      「ほら、言わんこっちゃない……」
      「闘士はぁ!! このていどじゃあ、へこたれませんよぉ!?」
      (ドナートさん迎えに来て!!)

      そんなこんなで今日もにぎやかな夜が更けていきます。
      さて、今日は短いですがキリがいいのでここまで。明日は楽しいフェルタ祭りです!

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.07.17 Sunday
        • -
        • 02:29
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>
        PR
        ワーネバやらねば!
        当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/
        マスタング一族の物語 INDEX
        初代ジャクリーヌ&2代目ロイ
        3代目マリア
        パスワード
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM