<< マリアの物語 その72 魔性のマール | main | 【エルネア】大物穴場まとめ >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.07.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    エルネア語を解読してみた

    0
      エルネア文字を解読してみました!!
      店の名前などと学校の黒板から、エルネア語のアルファベットと現実のアルファベットの対応表を作り、国中のエルネア文字を解読してみました。

      【注意!!】以下、盛大なネタバレを含みます

       

      切り抜き画像とアルファベット対応表はナインさんが作成してくださいました!ありがとうございます!!



      教室の黒板に書いてある文字がほぼアルファベット対応表になっていました。

      その黒板と、店の名前などからアルファベットに照らし合わせたものがこちらの表です。

      Yにあたる文字だけ黒板になく、国中のどこを探しても見当たらず……
      カントリー商店のCOUNTRYはどうやら誤字か、エルネアではYとJは同じ形なのか、エルネア語にはYの概念が存在しないのか……のようです

      それでは
      国中の文字を読んで歩きましょう!!

      まずは地図

      ELNEA KINGDOM
      「エルネア王国」この国の名前ですね

      エルネア波止場の階段をのぼり、すぐに見える立派な門。

      JAHNO MARKET
      ヤーノ市場の入口の看板です。

      左手に

      FLOWERLAND
      雑貨店の「フラワーランド」

      右手に

      KINKOTU
      武術用品店「武術の筋骨堂」

      さらに進むと

      COUNTRY(J?)
      仕事用品店「カントリー商会」
      (Jにあたると思われる文字がYであるべき位置に入っています)


      POKKAPOKA
      食料品店「ポッカポカ亭」



      市場を抜けて噴水広場に入ると、正面右側に見える、おいしそうなにおいのしてくる建物……

      FOUNTAIN INN
      旅人が全員お世話になる「ウィアラの酒場」です。
      噴水の宿、といったところでしょうか。

      噴水広場には案内看板もあります。
      まず、噴水の左側の道の、水路が続いているほうに看板があります。

      TERMAE
      ……テルマエですね!
      この先にはバシアス浴場があります。くっさくさになったらお風呂へ!

      右側の道にある看板です。

      SHRINE
      EMPEROR BRIDGE
      この先に「神殿」(shrineは本来神社なのですが)と、「(カルネ)皇帝の橋」があることが示されています。

      では、右の道から神殿の前を通り、橋を渡って旧市街へ向かいましょう。その道の途中に、個性的な商品を扱うお店があります。

      CARAVAN
      キャラバン商店です。
      O倶利伽羅さんみたいな店員さんがいますね

      さて、今度は山岳兵の村方面に行きましょう。遠い魔銃師会からでもワープ樹を乗り継げばすぐなんて便利ですね!
      坑道のダンジョンの入口に掲げられている看板です。

      DANGER
      あぶないってことです。きちんと注意喚起がされています。

      炭鉱探索もそこそこに、今度は城にむかいましょう。
      城の前から続いてる道の看板はこちら

      PORT
      この先には城の船着き場があります。

      そして、気になっていた人も多いであろうこれ

      封鎖されている謎の道。
      その前にあるこの看板。読んでみましょう。


      BELVEDERE
      見晴台、だそうです!
      どうして見晴台が封鎖されてるのでしょうか? 過去に何かがあったとか? まさか、国民に見せられない恐ろしい何かが!? なんて妄想もはかどりますね。
      (ここから先ククリアの南の塔のような見晴台実装があり得る、ということでしょうか?楽しみですね!)

      そして、葬儀の時に写るこれ。

      上から

      Frost Rovert

      Fraser Miriam

      Elliott Carol

      Marjorie Elinor

      ……誰???
      この国にかつて暮らした人たちなんでしょうか。これもまた妄想がはかどりますね。
      (他の墓石と魔銃師会ホールの碇の下のプレートもFrost、Rovert、Fraser、Miriam、Elliott、Carol、Marjorie、Elinerの8つの組み合わせのようでした)

      と、こんな感じですね
      カルネとかウィアラとかガルフィンとかのスペルがわかったりしないかなーなんて淡い期待があったのですが、頑なでしたねw
      (やはりYが気になりますね。……こっそり直してくれてもいいのよ?なんて。)

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.07.17 Sunday
        • -
        • 22:17
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        ワーネバやらねば!
        当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/
        マスタング一族の物語 INDEX
        初代ジャクリーヌ&2代目ロイ
        3代目マリア
        パスワード
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM