<< マリアの物語 その5 訓練といろいろの日々 | main | マリアの物語 その7 揺れる心 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.07.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    マリアの物語 その6 比翼の鳥

    0
       夏なんで怖い話でもしましょうか・・・
      日々あったことはSS撮っとくんですけどね・・・
      今年は何かがおかしいんですよ・・・
      こわいな〜こわいな〜何かおかしいな〜って思ってると・・・
      ・・・SSフォルダがゴンサロだらけだったんですね・・・
      それと同時になぜかわからないけど、よくゴンサロのことを考えているんですよ・・・
      恐ろしいはなしですよ・・・

      まあ、そんなことはどうでもいいんですけどね!!

      20日、星の日です!!

      アイネズさんとロイ様は朝食前に公衆浴場に出掛けました。
      いってらっしゃい!
       一人で朝食を食べて出かけると、メギアさんがいました!!
      ロイ様もゲーナの樹退治頑張ってますからね。

      やたっ!合法ハーブ(訓練効果のある新種の青い草)だ!
      よく見ると花火も上がってますね。いつも上がってたっけ?

      メギアさんを追いかけていると。


      「ということで俺とふt」
      「いかない」
      「・・・」

      そんなことよりゴンサロ所持金1ポムってなんだw
      この間21ポムだったじゃんかw20ポムで何買ったw

      夜は誓いの丘でともしびを飛ばしましょう。

      今年もいろんな思いを乗せて、ともしびは飛んでいきます。

      ふらふらしてるロイ様をアイネズさんがつかまえにきました。

      その言葉の意味を分かっていても、信じたくない・・・。

      その晩、3人そろって居室に戻りました。
      もう夜も明けようとするころ、ロイ様が何を思ったのか外に飛び出していきました。
      それを追いかけようと外にでたところで夜が明けて・・・

      とうとうその日がやってきてしまいました。
      アイネズさんの枕もとに駆け寄ります。

      アイネズさん・・・
      本当にいっちゃうんですか?
      ロイ様おいてくんですか?
      もう、甘えさせてくれないんですか?
      もうすぐ孫も生まれるんですよ?これからきっともっと面白いことが待ってる・・・
      本当に・・・いっちゃうんですか・・・?

      幸せでしたか・・・
      リビングには、アイネズさんの妹アニエスさんの姿もありました。

      憔悴しきった様子のロイ様。

      落ち着かないように廊下をウロウロします。
      そして、カルナの乙女オパールさんがやってきます。
      ロイ様はアイネズさんのそばにかけよると、その手をとりました。

      お別れの時です。
      愛する夫のすぐそばで、アイネズさんは幸せそうに導かれてゆきました。

      その場に崩れ落ちるロイ様。

      出棺の時。ロイ様と二人カルナの乙女様の背中を見えなくなるまで見送りました。

      ―比翼の鳥。
      それぞれ片方ずつの翼を持つ雌雄一対の鳥で、空を飛ぶときは常に一緒でなければ飛ぶことはできない。転じて、仲睦まじい夫婦のたとえに用いられる。
      片翼を失ってしまえば、もう飛ぶことはできません。

      アイネズさんはずっとそばで支えてくれました。

      ロイは酔っぱらって朝帰りすることもありました。

      ロイが親衛隊入りしたことで
      アイネズさんの闘士になるという夢が絶たれてしまったこともありました。

      それでも文句ひとつ言わずに、ついてきてくれました。

      ロイの幸せを喜んでくれました。

      夜遅くなれば、迎えにきてくれました。

      病める時も

      健やかなる時も

      ずっとずっとロイのことを愛してくれました。


      その場で泣き崩れるロイ様。

      ・・・つらい・・・

      ロイ様。
      アイネズさんは、ロイのすべてが大好きだったんです。
      小さいころからずっと。

      幸せでしたよ、きっと。

      夕方から、葬儀が行われます。

      喪主はリオです。
      こんなに早く喪主としてそこに立つなんて思いもしなかったでしょうに・・・

      あの暖かい笑顔。
      もう見られないんですね・・・

      最後に、参列者全員で祈りを捧げます。

      最後のお別れです・・・。
      さようならアイネズさん。ロイの世界一大切な人。
      そして、ありがとう。

      墓地を出ると、ゴンサロがいました。

      「マリア、俺とどっか・・・」
      「・・・・・・」
      「マリア・・・」
      ゴンサロを無視し、居室に花を取りに帰ります。そしてまた墓地へと向かいます。
      その途中、ロイ様の親友フランクさんとすれ違いました。

      なぐさめに来てくれたようです
      ・・・いい友達を持ちましたね。

      誰もいない墓地。
      ローラの花を手向け、ソルのともしびを飛ばしました。

      ローラの花は、ロイが初めてアイネズさんにプレゼントした花です。
      とっても喜んでくれました。

      アイネズさんへの思いを込めて、ともしびを飛ばしました。

      ともしびを見送って、とぼとぼと家路につきます。
      途中、ゴンサロがまたやってきました。
      「マリア、俺と」
      「いかないって・・・」
      「ちょっと待てよ、最後まで聞いてくれ!」
      「!」
      「お前ほんと辛そうなんだよ。そんなに目腫らして、みてるこっちが辛くなる!」
      「・・・」
      「だから気分転換に、どっか出かけないか?」
      「・・・・・・」
      「もちろん、俺とでよければ・・・だけど・・・」
      「・・・いいよ」
      「え?」
      「あたしでよければ」

      「・・・いいのか?」
      「うん・・・
      ・・・ありがと・・・。」

      そして家に帰ります。

      ロイ様。
      1日お疲れ様。


      ・・・
      てわけで、ゴンサロとは恋人関係になったわけですが・・・
      つきあってみてから決めるってのもアリかなと思いまして。
      毎日毎日飽きもせずにマリアのもとにやってくるゴンサロと
      今は友達ですらない本命セオフィラス。
      さて・・・どうなるんでしょうね。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.07.17 Sunday
        • -
        • 00:45
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PR
        ワーネバやらねば!
        当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/
        マスタング一族の物語 INDEX
        初代ジャクリーヌ&2代目ロイ
        3代目マリア
        パスワード
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM